児童及び自転車通学者向け高視認性安全服 認証ラベル制度とは

ドライバーの見過ごしや発見の遅れにより、子どもたちが巻き込まれる交通事故が後を絶ちません。
当協会は、子どもたちを交通事故から守り、ドライバーを加害者にしないことを目的に、ドライバーから児童や自転車通学者の視認率を高めるための高視認性安全服の着用普及を促進します。
ついては、「児童及び自転車通学者向け高視認性安全服」に対して交通事故防止の観点から基準を設け、基準に適合した製品を認証するとともに、その証として認証ラベルを発行いたします。
また、認証ラベル発行等で得た収益の一部は、子ども向け交通安全教育活動に利用されます。

認証基準

当協会及び、一般社団法人日本高視認性安全服研究所(JAVISA)と第三者試験機関(一般財団法人ニッセンケン品質評価センター、一般財団法人ボーケン品質評価機構)による規格検討委員会にて決定したJATRAS 001:2016「児童向け高視認性安全服規格」及びJATRAS 002:2016「自転車通学者向け高視認性安全服規格」に製品が適合することが条件となります。

【規格】
  JATRAS 001:2016 「児童向け高視認性安全服 規格」
  JATRAS 002:2016 「自転車通学者向け 高視認性安全服 規格」

※引用規格
   JIS T 8127:2015 高視認性安全服
   JIS L 4129:2015子ども用衣料の安全性-子ども用衣料に附属するひもの要求事項

認証ラベルの種類

認証ラベルは下記の(1)~(3)の3種類となります。
(1)児童向け高視認性安全服タイプ1 認証ラベル
(2)児童向け高視認性安全服タイプ2 認証ラベル
(3)自転車通学者向け高視認性安全服 認証ラベル

       (1)            (2)            (3)
            

申請から認証ラベル発行までの流れ

 
第三者試験機関で
試験報告書等を取得
(申請者が実施)

当協会へ申請書、
試験報告書、
サンプル等提出

当協会及びJAVISA
にて認証審査

適合製品に対して
認証ラベル・認証書
等発行

(1)事前試験
児童及び自転車通学者向け高視認性安全服の認証を希望する者は、第三者試験機関で製品が「児童向け高視認性安全服規格」又は「自転車通学者向け高視認性安全服規格」に適合していることの証明として試験報告書等を取得していただきます。

(2)認証審査申請
事前試験後、当協会へ「児童及び自転車通学者向け高視認性安全服認証審査申請書」とともに、「試験報告書等」、「製品サンプル」、「会社概要」を提出し、認証審査料を振り込んでください。

          

(3)認証審査
申請書類等の確認と認証審査料の振り込みを確認後、当協会及び、一般社団法人日本高視認性安全服研究所(JAVISA)において、認証の適否を審査し、1か月以内に審査結果を申請者へ通知いたします。

(4)認証ラベル等発行
認証に適合した製品については、認証書及び事前に申請のあった数量の認証ラベル等(有料)を発行いたします。

認証期間

認証期間は、認証取得日から3年間とし、更新(有料)が出来るものとします。

料金(別途消費税)

(1)認証審査料   新規審査料 30,000円  追加審査料 15,000円
(2)認証更新料   1製品 15,000円
(3)認証ラベル   1枚 40円 ※最低1,000枚以上、100枚単位で追加
(4)織ネーム    1枚 100円 ※認証ラベル枚数と同数
(5)製品説明パンフ 1部 30円~ ※認証ラベル枚数と同数

認証の取り消し

認証された製品について、次の(1)~(4)に記載する事項が判明した場合には、製品の認証を取り消すことがあります。またその場合、納付された料金は返却いたしません。
(1)申請者が申請書に虚偽の記載をしていた場合
(2)認証製品について関係法令等に定める諸規定に違反があった場合
(3)認証ラベル、織ネーム、製品説明パンフレットが不正に使用された場合
(4)児童及び自転車通学者向け高視認性安全服認証ラベル制度の適正な運営に支障があると判断した場合

その他

(1)認証製品の普及を促進するため、織ネーム及び製品説明パンフレット(有料)を提供いたします。
    ※数量は認証ラベルと同数とします。
(2)認証製品を当協会ホームページや月刊誌等で積極的にPRいたします。
(3)認証基準及び本制度は、規格検討委員会において年度毎見直しを行います。
(4)本制度は、2017年1月13日より適用いたします。

関連資料

お問い合わせ