研修・教育活動トップ  >  1.教育指導者の養成  >  二輪車通学許可高等学校の担当教員に対する研修会

二輪車通学許可高等学校の担当教員に対する研修会


 二輪車(主に原付)通学を許可している高等学校では、二輪車通学許可生徒を対象に運転実技を含めた交通安全指導を行っています。
 そこで、高等学校における二輪車通学生徒の安全態度や運転能力の向上と事故防止をねらいとして、主に二輪車通学許可校の教員を対象とした研修を全国の自動車教習所で開催しています。
 研修では、低速バランス、ブレーキング、コーナリング等の原付実技体験や二輪車通学生徒の実技指導の視察を通じた実技指導のポイント学習、研究討議などを行っています。

《参考》『原付通学生実技教育実施マニュアル』 


  

  

  

《参考》二輪車安全運転啓発「原付スクーター Safety Riding !」映像
   ⇒ 一般社団法人 日本自動車工業会 のHPはこちらへ

  •    制作:一般社団法人 日本自動車工業会
  •    協力:一般社団法人 日本二輪車普及安全協会
  •    監修:一般財団法人 日本交通安全教育普及協会
  


  

  

  



令和2年度(2020年度)原付通学安全指導(教職員・教習指導員)合同研修会の事業効果測定

 令和2年度においては、本事業の効果測定を行い、今後の本事業の方向性を検討するために、令和元年度事業の受講者に対するアンケート調査を実施しています。


令和元年度(2019年度)原付通学安全指導(教職員・教習指導員)合同研修会

  1. 目 的
  2.  高等学校においては、原付通学許可生徒を対象に、運転実技を含めた交通安全指導を行っているところであるが、生徒に対するより充実した指導を行うためには、地域の自動車教習所(学校)と連携・協力した各種の交通安全活動が求められている。

     また、自動車教習所(学校)においては、地域の実情に即した効果的な交通安全指導を通じ、地域の交通安全センターとしての役割を果たすことが期待されている。

     このため、高等学校の教職員、自動車教習所(学校)の教習指導員が一堂に会し、高校生の交通事故実態等の座学、実技講習等による二輪車(原付)の特性の理解、生徒の交通事故事例、ヒヤリ・ハット体験等を基にした意見交換会等を実施し、交流を深めながら、地域社会全体で高校生の交通事故防止に寄与する。

  3. 主 催
  4. (一財)日本交通安全教育普及協会 / (一社)日本二輪車普及安全協会

  5. 開催場所・開催日
    • (1) 宮城県・令和元年10月7日
    • (2) 熊本県・令和元年11月11日
    • (3) 鹿児島県・令和元年11月26日

  6. 研修形態
  7. 高等学校教職員及び自動車教習所(学校)教習指導員の合同研修会

  8. 参加者
    • (1) 原付通学許可校教員(主に生徒指導担当)
    • (2) 自動車教習所(学校)教習指導員