研修・教育活動トップ  >  1.教育指導者の養成  >  チャイルドシート指導員養成研修会

チャイルドシート指導員養成研修会

 本研修会は、交通安全教育等に従事する行政機関・団体の職員、チャイルドシートの販売に従事する方、交通安全の指導・啓発等に携わる方々を対象に開催しており、修了した受講者には認定証が交付されます。


令和3年度(2021年度)チャイルドシート指導員養成研修会

 令和3年度も、新型コロナウイルス感染症の対策として、令和4年(2022年)3月14日~25日にオンラインで開催いたしました。

  1. 主 催
  2. (一財)日本交通安全教育普及協会

  3. 後 援
  4. 内閣府 警察庁 国土交通省

  5. 協 力
  6. シートベルト・チャイルドシート着用推進協議会(4府省庁26団体で構成)

  7. 対象者
  8.  交通安全教育等に従事される行政機関及び団体の職員、チャイルドシートの販売、自動車及び自動車用品の販売、その他交通安全の指導・啓発などに従事される方で、チャイルドシートのユーザー等に対して指導し得る立場にある方。
     再受講については、過去に本研修会を受講された指導員で、再度受講を希望される方。

  9. 研修プログラム
    • 〇チャイルドシートと幼児について(医学的見地から)【約30分】
    • 〇チャイルドシートの使用義務について​【約30分】
    • 〇チャイルドシートの技術基準について【約20分】
    • 〇チャイルドシートの基礎知識について【約40分】
    • 〇チャイルドシートの正しい取付け方法【約10分×5本】
    • ※「チャイルドシートと幼児について」の内容につきまして、今年度開催よりリニューアルを予定しております​
    • ※上記内容は変更となる場合があります。

  10. 受講料
    •  新規受講者 7,000円
    •  再受講者  6,000円

  11. 参加方法
    • 〇研修会の特設Webサイト上で、研修内容を収録した動画を視聴いただきます。
    • 〇アクセスはパスワードが必要となります(参加申し込みをいただいた方にパスワードを発行します)。
    • 〇視聴後、簡易的なテストにより習熟度を確認させていただき、一定の基準を満たすことで全プログラムを修了されたものとさせていただきます(テストは何回でもお受けいただけます)。
    • 〇開催期間内は何度でもアクセス可能で、動画再生にも回数制限はございません。

  12. 開催期間
  13. 令和4(2022)年3月14日(月)~25日(金)

  14. その他
  15.  全プログラムを修了された方を「チャイルドシート指導員」として認定し、認定証を交付いたします(再受講の方は「修了証」を交付いたします)。

  16. 問合せ先
    •  (一財)日本交通安全教育普及協会 チャイルドシート研修会担当
    •  Tel:03-5835-3071 Mail:crs_inst@jatras.or.jp


令和2年度(2020年度)チャイルドシート指導員養成研修会

    令和2年度は、新型コロナウィルス感染症の対策として、初のオンライン方式として開催しました。​

  1. 研修プログラム
    •  〇チャイルドシートと幼児について(医学的見地から)
    •  〇道路交通法について(チャイルドシートの使用義務)
    •  〇チャイルドシートの技術基準について
    •  〇チャイルドシートの基礎知識について
    •  〇チャイルドシートの正しい取付け方法

  2. 開催結果
    • 開催期間​
      •  令和3年3月8日(月)~19日(金)​
    • 参加者数
      •  新規受講者:114名​
      •  再受講者:3名​

合計:117名​


  

  

  

令和元年度(2019年度)チャイルドシート指導員養成研修会

  1. 研修プログラム
    •  〇チャイルドシートと幼児について(医学的見地から)
    •  〇道路交通法について(チャイルドシートの使用義務)
    •  〇チャイルドシートの技術基準について
    •  〇チャイルドシートの基礎知識について
    •  〇チャイルドシート取付け実習

  2. 開催結果
    • (1) 令和元年12月9日(月)
      •  開催場所:東京都 国立オリンピック記念青少年総合センター
      •  参加者数:33名
    • (2) 令和元年12月10日(火)
      •  開催場所:東京都 国立オリンピック記念青少年総合センター
      •  参加者数:32名

(上記2会場合計 参加者 65名)